【稽留流産.com】原因と時期について

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
keiryuuryuuzan★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここでは稽留流産の原因や時期について詳しく説明していきます。

赤ちゃんが自分も気付かないうちにお腹の中で死んでしまっているという稽留流産。稽留流産の原因とは一体どんなものなのでしょうか?
稽留流産の原因は大半が胎児側にあります。元から染色体異常や臍帯や胎盤などの異常があって、しっかりと成長が出来ない環境にあって死亡してしまうケースがほとんどです。これらの原因での流産は妊娠4〜8週に見られ、特に6、7週に多いです。この時期にお腹の張りなど少しでも違和感を感じることがあれば、検査を受けておく方がいいかもしれません。

また母親に原因がある場合は、子宮の異常(子宮筋腫、子宮奇形、子宮頸管無力症など)や性感染症、高齢や外傷などの要因も多少なりともあります。糖尿病や重い内臓疾患の患者さんの場合、それも流産の原因となることもあります。しかしこういった場合は非常に稀なケースで、流産のほとんどは胎児側に原因があり、まさしくそういう運命だったと思うしかありません。


⇒ つわりとの関係

⇒ 【稽留流産.com】TOP

sponsored link



copyright©2010  【稽留流産.com】稽留流産の原因や症状とつわり  All Rights Reserved