【稽留流産.com】死産の定義

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
keiryuuryuuzan★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここでは死産について、定義など詳しく説明していきます。

死産の定義は法律上と医学上の考えで少し違いがあります。医学的な観点から見た死産とは、「妊娠22週以降の妊娠中絶による死亡胎児の出産」と日本産婦人科学会で定義されています。それ以前の妊娠22週未満での妊娠中絶は流産として区別されています。
法律上では「妊娠12週以後の死亡胎児の出産」とされていて、死産届という届け出を出すよう義務付けられています。医学上では後期流産という期間に当てはまります。また、一度母親の胎内から娩出されてから分娩後に新生児が死亡する場合は、死産届ではなく出生届と死亡届を同時に行うという悲しいケースになってしまいます。

死産と流産は呼び名が違うだけで、結果としては同じです。死産の原因も流産の原因と同じく、染色体異常などの胎児が上手く育っていく環境にないことがほとんどです。決して母親にだけ責任があることではないということを十分に理解し、運命だったと思うようにして悩んだり塞ぎ込まないようにして下さい。


⇒ 稽留流産とは

⇒ 【稽留流産.com】TOP

sponsored link



copyright©2010  【稽留流産.com】稽留流産の原因や症状とつわり  All Rights Reserved