【稽留流産.com】稽留流産の予防

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
keiryuuryuuzan★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここでは稽留流産の予防対策について説明していきましょう。

稽留流産は個人差はありますが一般的に妊娠6、7週に起こりやすく、10週を過ぎると稽留流産の可能性は減ってきます。そして稽留流産を起こした人に多いのが「運動不足」な人です。
稽留流産の予防には「適度な運動」が必要になります。妊娠中のこの時期はつわりも酷いので動くのもおっくうになりがちですが、特に問題ない健康な母体であれば一日30分程度の軽いウォーキングくらいはした方がいいです。妊娠時の「冷え」には特に気を付けないといけません。全身の血行を意識したウォーキング、もちろん近所のスーパーに買い物に行く程度のことで十分ですので、積極的に行っていきましょう。
しかしここで注意すべき点としては、「過度の運動は禁物」と「重い荷物は持たないこと」です。腹筋を使いすぎると子宮口が開いてしまうためです。妊娠期間の中でも特に不安定なこの時期は、少しの支障でも大きな事故に繋がらないとも言えません。必ず医師と相談の上で、出来る範囲を出来ない範囲を分けて行うようにして下さい。


⇒ 稽留流産の治療

⇒ 【稽留流産.com】TOP

sponsored link



copyright©2010  【稽留流産.com】稽留流産の原因や症状とつわり  All Rights Reserved